AKIKO KIYAMA

artist

AKIKO KIYAMA

2004年、Portableとの共演をきっかけにリリースオファーを受け、ロンドンSud Electronicより”New Days”、”Dimension”を発表。デビューEPにして、Ricardo Villalobos、Richie Hawtin、Sven Vathを始め、シーンを代表するDJ達に高い評価を受け、その液体的とも言える彼女独自のグルーヴは瞬く間にヨーロッパ~北米、そして日本へとセンセーショナルな興奮をもたらした。

また、Richie HawtinによるMix CD/DVD “DE9|Transitions” (M-nus, Novamute Records)、Booka ShadeによるDJ KICKsシリーズ(!K7 Records)、Loco Diceによる”The Lab 01” (NRK Music)にも彼女のトラックはライセンスされており、その大胆さと繊細な技巧が同居する複層的なグルーヴから成る彼女のトラックは、シーンの最前線とは常に一歩距離を置きつつ、独自の強い存在感を放っている。這い回るような重たいベースと催眠的なフレーズ、独特なアクセント刻まれるビート、玩具を散らしたような不気味でユーモラスな世界観はいずれも彼女の象徴といえるサウンドだろう。

ライブパフォーマンスにも定評があり、これまでにロンドンFabric、ベルリンPanorama Bar、モスクワArma17、バロセロナ及び東京で開催されているSonar Festivalなど世界各国の代表的クラブやフェスティバルに招喚されている。そして2015年にはカセットテープ主体のレーベルKebko Musicをスタートさせ、自身第4作となるアルバム“Ophelia”をリリース。よりメロディアスかつ実験的な作品にも挑み、機能性のみに縛られない、新しいエレクトロニックミュージックの在り方を追求している。