ジャイルス・ピーターソン presents ソンゼイラ・ライブ・バンド
SONZEIRA Live Band

artist

ジャイルス・ピーターソン presents ソンゼイラ・ライブ・バンド
SONZEIRA Live Band

Sonzeira Live Band
ブラジル リオデジャネイロ出身。
ジャイルス・ピーターソンのアルバム『ブラジル・バン・バン・バン』(2014年)のレコーディングに起用された“ソンゼイラ・プロジェクト”のミュージシャンたちを、モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016出演のためにライブバンドとして再編成。ブラジルのスーパースター集団による、世界初披露企画にして一度かぎりの特別プロジェクト。

artist

●マルコス・ヴァーリ/Marcos Valle(ボーカル/キーボード) 近現代ブラジル音楽を象徴するレジェンドのひとり。シンガー、ソングライターとして、これまでに20作以上のオリジナルアルバムを発表。作曲数も300を超え、エリス・レジーナやロベルト・カルロス、サラ・ヴォーンやディジー・ガレスピーにも楽曲を提供。90年代にはヨーロッパのダンスフロアを起点に、世界的な認知を獲得。

artist

●マイラ・フレイタス/Maira Freitas(ボーカル) リオ・デ・ジャネイロ出身のシンガー。父親はMPB界の伝説的なスターであるマルチーニョ・ダ・ヴィラ。 大学在学中にクラシックピアノを専攻し、ピアニストとしても高い評価を獲得。南米のみならず、北米、欧州でも公演を行っている。リオ五輪の開会式ではエルザ・ソアレスとともにパフォーマンスを披露し、大きな話題に。

artist

●ガブリエル・モウラ/Gabriel Moura(ボーカル/ギター) シンガー、ソングライター兼ギタリスト。音楽家の家系に生まれ、13歳から本格的なギター演奏を開始。サンバ・ファンクのグループ、ファロファ・カリオカを結成するほか、2006年にはオリジナルアルバム『ブラジス』を発表。以降、2枚のアルバムをリリース。伝説的なクラリネット奏者、パウロ・モウラの甥としても知られる。

artist

●ニーナ・ミランダ/Nina Miranda(ボーカル) ブラジル生まれのシンガー、ソングライター。のちにイギリスに移住し、90年代にはスモーク・シティのボーカリストとして活躍。ZEEP名義でも2枚のアルバムを発表している。また、ダ・ラータやニッティン・サウニー、ベースメント・ジャックスといったダンスミュージック系のほか、ベベウ・ジルベルトなど客演も多数。

artist

●パトリシア・アルヴィ/Patricia Alví(ボーカル) 彼女はマルコス・ヴァーリの妻であり、23歳の時からマルコス・ヴァーリのグループの歌手である。

artist

●ロバート・ギャラガー/Robert Gallagher(ボーカル) 80年代後期より活動する伝説的アシッドジャズ・ユニット、ガリアーノのボーカリスト兼ラッパー“ロブ・ギャラガー”として、ロンドンを拠点に活躍。同バンドでUKヒットチャートの上位を席巻しつつ4枚のアルバムを発表。近年では、ザ・ダイアボリカル・リバティーズとして作品を制作し、今年3月には同名義によるアルバムを発表。

artist

●カシン/Kassin(ミュージカル・ディレクション/ベース) 歌手、作曲家、マルチプレイヤーとして活躍する傍ら、ブラジル新世代を代表する音楽プロデューサーとして多くの実績を残している。ソンゼイラ・ライブ・バンドではベースを弾いているが、ディレクションも兼務。これまでにThe +2名義で3枚のアルバムを発表しているほか、オルケストラ・インペリアルの構成員としても有名。

artist

●ダニーロ・アンドラーヂ/Danilo Andrade(キーボード) 鍵盤奏者、ドラマーとしても活躍するマルチプレイヤー。ブラジル国内では、カエターノ・ヴェローゾやエルザ・ソアレス、ジルベルト・ジル、ガル・コスタなど現地ミュージシャンのライブやレコーディングに数多く参加。2014年には、ジャイルス・ピーターソンのアルバム『ブラジル・バン・バン・バン』のレコーディングに抜擢。

artist

●ゼロ/Zero(パーカッション) 1983年よりプロのパーカッション奏者として活動。マルチーニョ・ダ・ヴィラらと共演を重ね、93年にはイヴァン・リンスのバンドメンバーに。翌年にはロックバンドBlitzのツアーメンバーに抜擢。2000年にはマリア・ベターニャのツアーにも参加。ブラジルに起源を持つ多様な打楽器を操るスペシャリストとして活躍している。

artist

●ステファン・サンフアン/Stephane San Juan(ドラム) フランスで生まれ、地元モンペリエでドラマーとして活動。2002年には生活の場をリオ・デ・ジャネイロに移し、オルケストラ・インペリアルに参加。のちにカシン、モレーノ・ヴェローゾ、ドメニコ・ランセロッチとともに「+2」結成。2014年にはソロ作『サウンド・システム』発表。打楽器奏者、歌手、作曲家としても活躍。