八代亜紀&クリヤ・マコト・クインテット
Aki Yashiro& Makoto Kuriya Quintet

artist

八代亜紀&クリヤ・マコト・クインテット
Aki Yashiro& Makoto Kuriya Quintet

●クリヤ・マコト/Makoto Kuriya
クリヤ・マコト・クインテットのピアノおよびプロデュースを担当。アメリカ、ウエストヴァージニア州立大学在学中に地元ライブハウスなどで音楽活動を始める。卒業後、本格的にジャズ・ピアニストとして活動を開始し、チャック・マンジョーネやネイサン・デイビスのグループに参加して全米をツアー。また、ドナルド・バード、トゥーツ・シールマンス、ジェームズ・ムーディー、トム・ブラウンなど多くの巨匠たちと共演を果たす。1990年に帰国後、日野皓正グループに参加。ソロ活動もスタートし、現在までに15枚のリーダー作を発表している。

●塩田哲嗣/Norihide Shiota
クリヤ・マコト・クインテットのベースを担当。アメリカを拠点に13年間の活動後、2014年6月に帰国。ベーシストとして数多くのセッションやレコーディングに参加しながら、自身のバンドSFKUaNK!! で活動。ほか、シンガーのプロデュースをはじめ、レコーディング&ミキシング・エンジニアとしての活動も展開している。

●松山 修/Shu Matsuyama
クリヤ・マコト・クインテットのドラムを担当。1989年にバークリー音楽大学を卒業。帰国後、高中正義、小野リサ、佐山雅弘、向井滋春などのライブやレコーディングに参加。また、ミュージカルにおけるオーケストラ演奏に加え、海外勢ではエルメート・パスコアル、ウォーレン・ヒル、ポール・グリフィンなどと共演歴を誇る。

●本田雅人/Masato Honda
クリヤ・マコト・クインテットのサックスを担当。国立音大在学中に、山野ビッグバンドジャズコンテスト初出場で最優秀ソリスト賞を受賞。以降、スタジオミュージシャンとして多くの作品に参加する。1991年にT-SQUARE加入。98年以降はソロで活動。総合音楽家として、さまざまなレコーディングやライブに出演。

●中村恵介/Keisuke Nakamura
中学のジャズオーケストラでトランペットを始め、東海大学ジャズ研、早稲田大学ハイソサエティーオーケストラを経てプロに。2014年にはデビューアルバム『HUMADOPE』をリリース。翌年、上海の「JZ SPRING FESTIVAL」に自身のバンドで出演。リーダーバンドのほか、鈴木勲、日野皓正など多くのセッションを展開。